激動の時代を乗り越えて、人生100年を楽しむ。
川淵FP川淵FP

早期退職や長引く新型コロナで、将来の資金作りが不安ではありませんか?

変異株蔓延で経済損失7兆円

新型コロナもワクチン接種が遅れ、変異株が猛威をふるっており、心配が絶えませんね。

 

連日、変異型ウイルスについてのニュースが流れていますが、

感染力が強い新型コロナウイルスの変異株が蔓延すると

最大7兆円という桁違いの経済的損失がまぬがれない、と

東大経済学部の准教授らがまとめました。

 

当然、今後は家計にも影響が出そうです。

50代からの家計の変化に対応した資金作りを。

さて、新年度もはじまり、家計の状況も変わった方も多いのではないでしょうか?

一度、家計を見直すタイミングかもしれません。

・新型コロナで収入ダウンの方、
・お子さんの大学進学で出費の増えた方、
・最近、保険や貯蓄を取り崩して資産が減った方、
・住宅ローンが老後も残る方、
・早期退職・転職した方

将来のための資金作り計画が変わってしまったのではありませんか?

 

「老後2000万円問題」というのが話題になった時期がありましたが、

老後2000万円では足りない、と感じている人も多いのではないでしょうか?

 

まずは「いつまでにいくら」という目標を立てるのが重要です。

 

「1億円作る!」と目標を決めて実際に1億円を作ったお客様がいらっしゃいます。

 

目標が決まれば、達成のための運用商品を選ぶことが可能です。

 

まずはいつまでにいくら必要かを算出してみましょう。

高所得者でも老後破綻するケースがある。

公的年金の受給平均額をご存知でしょうか?

令和3年度夫婦二人分の厚生年金の平均額は、220,496円(国民年金含む)です。

男女別の毎月の平均受給額は、
男性16万6,000円、女性10万3,000円 (国民年金分含む)となっています。

 

それほど多くないなぁ、と感じませんか?

 

しかもこれからの年金制度は、働く世代の減少で

減ることはあっても増えることは決してありません。

 

現役世代は高収入でも、年金生活に入ると年金収入が思ったほどなく、

それまでの生活レベルを落とすことができずに、苦しむ家庭が多いのです。

 

しかも奥様は専業主婦の方が多く、働いたことのある期間も短いため、

受け取れる年金額が少ないのが特徴です。

理想の老後を考えてみましょう。

理想の老後はお持ちでしょうか?

 

私は20年のFPの相談経験で、

理想とする老後の生活とのギャップに悩む相談者の方を何人も見てきました。

 

ほとんどの方が

「もう少し早く相談に来てくれれば、もっといい老後が送れたのに。」と

感じる方ばかりでした。

 

まずは、1ヶ月間、資金作りについて考えてみませんか?

1ヶ月のサポートが付いた動画セミナーをご案内します。

自分自身で目標を立て、今の資産運用を見直してみましょう。

 

人生100年時代を乗り切るマネー講座はこちらから。

http://site.wepage.com/semi-seniorLP

1ヶ月の受講期間とサポートで
安心できる資金作りを手に入れましょう!

老後2000万円作り~プライベートバンクまで、お客様の資産状況に合わせてサポートします。

 

#早期退職 #老後破綻 #老後2000万円 #退職金