これがおすすめ!資産運用の初心者が失敗しないためにまずやること。
川淵FP川淵FP

日本の超低金利はまだ続きそうで、
「資産運用は何から始めればいいの?」という相談もよく受けます。
初心者でも失敗しないおすすめの方法をご紹介していきますね。

 

資産運用の初心者は何から始めればいいのか?

失敗しない資産運用のために重要なことは、ずばり「目標を立てること」です。

「いつまでにいくら欲しいのか?」を明確にしましょう。

ただやみくもに「増えればいい」では、本当に必要な時に資金を準備できず失敗する危険性も出てきます。

 

資産に余裕が出てくると、

  • 子どもの教育にもっとお金をかけたい。
  • リタイア後は豪華客船で世界一周クルーズもいいなぁ。
  • 将来は高級有料老人ホームに入居しようか。

といった夢も出てきます。

 

ですが、国際交流も進む中、お子さんを海外への大学に行かせようとすると進学から卒業までに2,000万円以上かかるケースもありますし、高級有料老人ホームでは入居一時金だけでも数千万円、毎月の入居費用も数十万円~百数十万円の出費となります。

ちょっと考えただけでも、その都度 1,000万円単位でお金が出ていくことになります。

どんなお金持ちでもしっかりした資金計画を立てないと、財源に行き詰まることになりかねません。

 

単に「1億円作るぞ!」とか「老後資金に2,000万円貯めるぞ!」ではなく、その使い道と必要な時期を明確にすることです。

下記の動画を参考にしてみてください。

シート請求:https://yukarik.jimdosite.com (老後資金1またはcode:rs1911で請求)

 

保険や投資のセールスマンから色々な提案を受けるでしょうが、そのまま受け入れずに、まずは自分自身で「いつまでにいくら準備するか」といった目標を立てることが重要です。

 

これが資産運用のおすすめの第一歩。

資産運用の方法や商品を選ぶ前に、現状確認していきましょう。

「今、いくらあって、どんな方法で運用しているのか?」をはっきりさせます。

地味な作業に感じるかもしれませんが、資産運用に失敗しないためにはこれをしっかりやっておかないといけません。

  • 現金なのか、預貯金なのか、有価証券なのか、外貨なのか、保険なのか。
  • 満期時期はいつなのか。
  • 利回りはどれくらいか。

資産家の方とお話をすると「奥さんに任せっぱなしでわからない」とか「投資はしているけど、何が儲かっていて何が損しているのかわからない」といったケースがけっこう多いものです。

 

面倒でもわかりやすいようにノートに書き出したりExcelで整理したりしてみましょう。

こうしておくと、生前贈与等を検討した時にも役立つことがあります。

 

資産運用で失敗しないために。

上記の方法で目標と現実を比較すると、資産運用で見直しが必要な所が浮かび上がってきます。

相談業務の中では「将来のことはわからないけど、今は資金に余裕があるし、なんとかなるんじゃない?」と楽観視している方も見受けられます。

 

ですが、「将来のことはわからない」ことがリスクになります。

目標を立てることでこうしたリスクを回避することになりますし、また資産運用の方法や商品の種類を選ぶときの助けになってくれます。

 

生涯の生活を豊かに過ごすためにもしっかりした資産運用をスタートさせましょう!