資産運用で複利効果が出る投資信託の選び方
川淵FP川淵FP

人気の投資信託を選んだのに効果が出ない理由について説明します。

投資信託の人気ランキングの商品で複利効果は得られない?

ふやすつもりで人気の投資信託を選んだのに「全然増えないよ~。泣」といった経験はありませんか?

お金をしっかり増やしていくためには複利の効果を利用しないといけません。

ですが、人気の投資信託には複利効果の得られないものが非常に多いんです。

 

投資信託の人気ランキングで上位に上っているのが「毎月分配型」というもので、投資家の間では以前から根強い人気のある商品です。

「毎月分配型」とは、その名のとおり毎月分配金を受け取れるといったタイプの投資信託で、退職金などを預け入れれば、毎月の分配金が老後の生活費の足しにできるようなイメージがあります。

 

ですが、分配金として受け取ってしまうということは、再投資ができないということになります。

複利効果は、利息や配当金も含めてさらに投資を実行することで雪だるま式に資産を増やすことが効果があるものですから、毎月分配型の投資信託ではこの複利効果が望めなくなってしまいます。

「受け取った後にそのお金をまた投資に回せばいいじゃないか。」と思うかもしれませんが、分配金として受け取る時点ですでに税金がかかりますから、再投資のうまみは減ってしまうのです。

 

投資信託の毎月分配型の注意点

毎月分配型の投資信託には他にも注意する点があります。

それは、元本割れの危険性もあることです。

 

毎月分配型の分配金には「普通分配金」と「特別分配金」の2種類があります。

普通分配金は投資信託があげた利益からの分配で、皆さんがお持ちの分配金のイメージです。

当然、利益からの分配になりますので、所得税や住民税の対象になります。

 

「特別分配金」というのは、別名「元本払戻金」とも言われ、分配金を払うために無理やり元本を取り崩す方法です。

こちらは単に元本の取り崩しになりますから税金の対象にはなりません。

ですが、増やすつもりで購入した投資信託なのに、気が付けば元本が割れていた、ということにもなりかねませんので注意してください。

複利の効果を発揮させるための投資信託の選び方

投資信託で複利効果を発揮させ、しっかりと増やして行きたいのであれば、分配型の投資信託は選ばないことです。

お金に困らず、特に分配金を受け取る必要がないのであればそうしてください。

 

もし、どうしても分配型を選びたいのであれば、分配の間隔が長いものを選びましょう。

現在は年に1回だけ分配金が出るタイプのものも人気です。

 

毎月分配型は手数料も高いものも多いですから、かかるコストにも気をつけて投資信託は選ぶようにしましょう。