アフターコロナでの資産運用(複利で増やす!)
川淵FP川淵FP

アフターコロナでの資産運用で重要な複利運用についてまとめました。

資産運用で増やすポイントは「複利」

私は複利を重視した資産運用をアドバイスしていますが、複利がどれほどの効果があるかを見ていきましょう。

 

まず、「単利」ですが、単利ですと毎年同じ金額の利息しかもらえません。

たとえば、100万円を年5%で運用すると、毎年5万円となります。

10年経っても、20年経っても5万円です。

 

ですが、「複利」になると、利息が利息を生む、という方法で雪だるま式に増えていく方法です。

たとえば、100万円を年5%で運用すると、

1年目は5万円ですが、

2年目は5万2500円、

3年目は5万5125円、

10年目は7万7567円、

20年目は12万6348円、

30年目は20万5806円

と、期間が長ければ長いほど1年間で付く利息は大きく増えていきます。

複利運用を上手に利用すれば、放っておくだけで大きく膨らませることが可能です。

 

上記と同様の例で、100万円を年5%運用して30年後にはいくらになっているかというと、

単利の場合では、元利合計で250万円(利息分150万円)、

複利の場合では、元利合計で約432万円(利息分332万円)です。

「複利」でも増やすには「時間」が重要。

複利は運用の期間が長ければ長いほど効果があります。

ですから、一番強いのは「若い人でまとまったお金を持っている人」になります。

  • 仮想通貨で当てた!
  • ビジネスで成功した!
  • 親からの相続でまとまったお金が手に入った!

といった方は是非複利での運用を検討してください。

 

また、せっかく手に入れた資産を減らしたくないのであれば、リスクをヘッジ(回避)した方法で運用する必要があります。

若いから、といってリスクのある運用方法で冒険する必要はありません。

複利で確実に時間をかけて増やしていきましょう!

 

アフターコロナのこれからは、いかに確実に増やしていくか、が重要です!

 

逆に高齢者になると複利効果は出にくくなります。

ですが、例えば60歳で退職金を手に入れ、病気や介護に備えて75歳までの15年間運用すればかなり増やせます。

1,000万円を年5%で15年間運用すれば、

約2,079万円(利息分1,079万円)と、それでも約2倍に増やせます。

 

複利のメリットを活かすには、10年以上の運用がおススメです。

「複利」でも増やせないケース

どんなにまとまったお金があっても、

どんなに若くて時間があっても、

複利効果を利用しても増やせないケースがあります。

 

それは、金利が低いことです。

金利が低ければ、どんなに時間をかけても増やすことはできません。

 

例えば、100万円を年0.1%で30年間複利運用することを考えましょう。

結果は、元利合計で約103万円(利息分3万円)です。

30年間の運用で3万円しか増えません。

 

これでは、インフレにも増税にも勝てませんね。

 

日本は人口が減っていきますが、世界的には人口は増えていきます。

食料品の値上がりなども十分予想できますので、インフレ対策は必要です。

 

リスクを抑えた複利効果のある運用のセミナー紹介やZoom相談のご案内をメルマガ(無料)でしています。

メルマガ登録

(解除フォームは無視してください。)

ファイナンシャルプランナーの川淵ゆかりです。

(日本FP協会CFP・厚生労働省1級FP技能士)

「初心者でもわかりやすい、難しくない資産運用」をご提案しております。

 

住宅ローンの相談はこちらから。

https://www.yuyu-life.biz/住宅ローン相談/

 

↓各種お問合せはこちらから。

https://www.yuyu-life.biz/お問い合わせ/

 

 

動画一覧はこちらから。

https://www.yuyu-life.biz/動画一覧-youtube/

※チャンネル登録もよろしくお願いします。(^^)/