高額所得者は要注意!2020年から所得税アップ!
川淵FP川淵FP

消費税が増税となったばかりですが、次は所得税の負担が増えそうですよ。

 

基礎控除は48万円に上がる改正に。

2019年の消費増税に続き、2020年は所得税も大きな改正があるんです。

 

まず、基礎控除。

これは、人的控除のひとつで誰にでも適用される控除(所得から差し引くもの)です。

現在は38万円なのですが、2020年からは48万円に10万円アップします。

 

一見、嬉しい改正のようですが、給与所得控除や公的年金等控除の控除額は一律10万円減ることになっていますので、この控除の対象者には変わりはありません。

 

高額所得者の給与所得控除の頭打ちが改正。対象の年収上限額も引き下げへ。

給与所得控除は上限額がダウンするため、高額所得者にとっては増税となります。

給与所得控除とは、サラリーマンの必要経費にあたるものです。

この上限額が220万円から195万円と、25万円もダウンします。

 

上限額の対象となる年収額も1000万円以上だったのが850万円以上の人に変更されますから、増税となる対象者は増えるでしょう。

 

年金受給者も注意。公的年金等控除も改正へ。

注意するのはサラリーマンだけではありません。

年金受給者の公的年金等控除も上限額が初めて設定されました。

企業年金も含めた年金年収が1000万円超の人が対象で、控除上限額は195万5千円です。

 

企業年金を含めてもなかなか1000万円を超える年金受給者はいないでしょうが、注意したいのは「公的年金等控除の上限額が初めて設定された」というところです。

給与所得控除も上限額がダウンしますので、将来は公的年金等控除の上限額もダウンしていくのではないか、と予想できます。

 

つまり、将来的には多くの年金をもらう人は、増税になるケースが出てくる危険性もあるのです。

 

***

今後は収入の高い人ほど税金の負担は増えていきそうです。

給与年収が850万円以上といっても、余裕のある家庭だけとは限りません。

教育費や住宅ローンの負担のかかる時期のご家庭も多いでしょう。

 

税金や社会保険料の負担は今後も大きくなっていきますから、資産運用も含めたマネープランを立てるようにしてください。