ゼロ金利やマイナス金利を逆手にとった資産運用。
川淵FP川淵FP

 貧富の差が広がっていますが、お金持ちはこういった方法で増やしているのかもしれませんよ。

 お金持ちほどローンを組む?資産運用の裏ワザ。

私たちの身近なローンの代表というと「住宅ローン」ですね。

住宅ローンを借りる理由の多くが「家を買うお金がないから。」です。

ですから、十分に資金のある人はローンなど借りずに住まいの購入代金など一括で支払ってしまいます。

(数千万円といったお金をポン!と出す人って凄いですよね。)

 

ところが、十分な資金がある人でもわざとローンを組んで家を購入する人がいます。

普通の人なら「え?なんで?」と思ってしまいますが、実はこういった人がお金を増やせる人なんです。

初心者でもできる?簡単な資産運用の考え方

今の住宅ローン市場は信じられないような低金利となっています。

銀行預金はさらに超の付く低金利ですが。。。

「お金を借りるにはいいけれど、全然増えないよね。」という声がいつも周りから聞こえてきます。

 

ですが、これは日本の中だけを見ている人のご意見です。

 

世界に目を転じてみれば、高い金利の商品や値上がりしそうな不動産が多くあります。

お金を増やせる人は、金利時間の重要さを十分理解しています。

住んだとたんに価値が下がってしまう家に持っている資金を一括に投入するのではなく、金利の低いローンで家を買い、大事な資金は家よりも金利の高い商品で運用するのです。

 

つまり、

借りるのは金利の低い日本で。

増やすのは金利の高い海外で。

という訳です。(金利差でリターンを得るのです。)

 

こういった人から見ると、日本の低金利のローンはお宝ですね。

 

海外で仕事をしたり、海外に何度も行っているような人は、海外の金融事情がわかっていますから敏感です。

金融の知識や情報は知っているのと知らないのとでは大違いですが、これからもどんどん差が広がっていくのだと思います。

 

100万円というまとまったお金ができる度に、住宅ローンの繰り上げ返済をまめにしている真面目なご夫婦が相談にいらしたことがありますが、実にもったいない話です。

高利回りを実現。海外投資の資産運用

海外投資は魅力的ですし、日本国内で手軽に購入できますが、問題点もあります。

日本の金融機関(銀行や証券会社)を通して海外の投資商品は購入できますが、購入できる投資商品に制限があることです。

日本国内では金融商品に対する制限が非常に厳しく金融庁に登録されている商品しか購入することができません。

 

海外の金融機関を通しての購入であれば、非常に多くの商品の中から選ぶことができます。

また、日本と比べて手数料も低くなっていますので、大きなリターンが期待できるわけです。

ソフトバンクの債券が日本では約2%なのに、海外では約6%になっている、という話を聞いたことがあります。

 

「海外」というと腰が引ける人もいますが、大手のIFAであれば日本人スタッフもいますので、日本での商品の契約と同様で難しく感じることもありません。

海外であれば、日本国内で購入できない商品も自由に購入できますので、運用先に困っている人は一度検討してみてはいかがでしょうか。